文化の日の意味と由来

11月3日は文化の日です。
二つある11月の国民の祝日の1つということで、学生の方、毎日頑張って働いている方にとってはうれしい一日ですね。

ただ、その嬉しい一日ですが・・・この日が何をする日なのか、そもそも何故文化の日と言うのか知らないという方がかなり多いように思えます。

私自身、高齢者の方との会話のネタを探している時に知っただけで就職するまでは全く知らなかったというのが本音です。

そこで今回は、文化の日の意味や由来について詳しく説明していきます。
実は、あるとても偉い方の誕生日でもあったんです。

スポンサーリンク

文化の日の意味と由来

それでは、早速文化の日についていろいろと説明していきたいと思います。
まず最初は、文化の日の意味とその由来についてです。

意味

毎年11月3日は『文化の日』です。
この日は国民の祝日と位置付けられていますので、サラリーマンの方や学生の皆さんにとってはありがたい1日ですよね♪

この文化の日ですが、その意味はきちんと定められており

自由と平和を愛し、文化をすすめる日

となっています。
つまり、この11月3日は本来文化的な行動に営むのが本来の文化の日の意味に沿ったあり方と言えるようです。

自由と平和を愛し、と言うのは・・・まあ、祝日を楽しくケンカなく過ごしましょう!と解釈すれば大丈夫かと思います(*’▽’)

由来

それでは、文化の日の由来はいったい何でしょうか?
実は、文化の日は憲法と大きな関係がある祝日なのです。

昭和21年の11月3日、戦争放棄や基本的人権の尊重を掲げた新憲法である日本国憲法が公布されました。

え!?憲法記念日は5月3日じゃ・・・

と思った方も多いかと思いますが、それは正しいです。

ただし、5月3日の憲法記念日は憲法が施行された日、つまり実際に憲法が効力を持った日なのです。
文化の日は、それに先駆けて憲法が制定されたのを国民に知らせるための祝日として作られたのです。

新しい憲法と日本の永久的な平和を願った生まれた祝日、これが文化の日の由来だったのです。

11月3日は明治天皇の誕生日

とはいえ、上で紹介した考え方は「あくまで建前だ!!」という方も少なくないようです。
そもそも、11月3日は日本国憲法が交付される以前から日本人にとっては大きな意味を持つ一日であり、祝日でもあったのです。

その名も『明治節』と言い、明治天皇のお誕生日をお祝いするために設けられた一日だったのです。
では、なぜ明治節が無くなり文化の日へと生まれ変わったのでしょうか?

それは、戦争勝利国アメリカの思惑と日本人の天皇家への崇拝が大きな関係を持っていたとされています。

戦争に勝ったアメリカですが、日本人の中にはまだまだアメリカへの根強い反発、天皇陛下への崇拝の念が存在していることに気付いていました。

そこで、アメリカが日本人の戦力低下、天皇家への崇拝を弱めるべく取った作戦が天皇家やそれに類するものを徹底的に排除するという物でした。

その一環として、明治天皇の誕生日を祝う明治節も廃止へと追い込まれます。
当然、アメリカはこれで終わりだと思っていました。

ですが、それで収まらないほどに当時の日本人にとって天皇陛下への気持ちは強いものがありました。
何としてでも明治節を残しておきたいと考えた日本政府は、その代替として考えたのが

11月3日を祝日にしよう

と言うものでした。

じゃあ、何を祝す日にするかと思案した結果が、日本国憲法の交付だったのです。
偶然日本国憲法を交付した日が11月3日で、その日を文化の日としたのではなく、全ては日本政府の明治節を残そうとする努力の表れだったのです!!

表面上は日本国憲法の交付、そして上で書いたように平和や文化をお祝いする日である文化の日。
ですがその実態は、名前を変えただけの明治節をお祝いするための祝日だった・・・

これが本当かどうか今となっては調べることはできません。
ですが、一つの説として残っているという事実は、日本人がどれだけ天皇家を大切にしていたかということが見えてくるエピソードと言えますね。

おまけ 文化の日は実は・・・

実は文化の日には、多くのイベントが行われているんです。

  • 日本文化の発展に気押した人たちへの文化勲章の授与が行われる
  • 文化省主催の芸術祭が開催される
  • 地域によっては博物館や美術館、コンサートなど音楽・芸術といった文化に関係するイベントの参加費用、入管費用などがタダになる
  • 実はまんがの日
  • 文具と文化は歴史的には同じ意味、ということで文具の日でもある
  • レコードは文化財、ということでレコードの日でもある
  • 『いいみっかん』の語呂合わせでみかんの日でもある(ちなみに12月3日も)

これらすべてが文化の日である11月3日に執り行われるイベントであり、制定されている記念日でもあるのです。
・・・忙しすぎませんか、11月3日(;´・ω・)

終わりに

いかがだったでしょうか?
今回は文化の日の意味や由来について迫っていきました。

文化の日が実は明治天皇の誕生日を祝う天皇説の隠れ蓑だった、という説は真実味があるし面白いものがありますね。
こういったお話は高齢者の方にどんどんしていただければと思います。

80代後半以降の方にとっては最も印象深い時期ですので、生き生きとその当時の事をお話ししてくれる方も大勢います。

ただし、高齢者の方の中には

戦争時代の話だけはしないでくれ!!

と言う方もおられます。

戦争は、何十年立っても消えることのない傷跡を多くの方の心の中に残しているのです。
私たちにとってはただの知識でしかない戦争も、体験した方にとっては一生もののトラウマになる出来事だったのかもしれません。

そこだけは細心の配慮を行いつつ、お話ししていただければなと思います。

色々な考えが背景にあったとしても、文化の日が自由と平和を愛し、文化をすすめる日であることは疑いようのない真実です。
皆さんも折角の祝日、何か文化的なものに触れてみるのもいいかもしれませんね♪

関連記事

➡ 11月と文化の日のレクリエーションはこれで決まり!

➡ 11月の歌は何がある?過行く秋をこの曲で!

➡ 11月に関する雑学豆知識クイズ問題!

➡ 10月と秋の雑学クイズはこちらから♪

➡ 10月のお楽しみ、ハロウィンに関するクイズ問題!!

➡ マルバツクイズ問題15問紹介!

➡ トマトの漢字はどう書くの?漢字クイズ問題!

スポンサーリンク