アドバンスの意味、とっても前向きでした!

スポンサーリンク

ここ数年、様々な場面で【アドバンス】という言葉を目にするようになりました。
なんとなく良い意味なのはわかるのですが、その詳しい意味はと言われれば・・・正直答えることは難しいですよね(-_-;)

調べてみたところ、この言葉とっても前向きで元気の出る言葉だったんです!
今回は、疲れたあなたに是非見てほしいアドバンスの意味や使い方を見ていきます。

アドバンスの意味や使い方を掘り下げてみた

それでは早速紹介していきます。
今回は、アドバンスの意味についてです。

最近耳にすることが増えたこの言葉。
一昔前には

【ゲームボーイアドバンス】

なんてゲーム機もありましたよね。
私もかなりやりこんだ口です( ̄ー ̄)

・・・年齢がバレるな(笑)

そんなアドバンスですが、意味を調べてみたところかなり前向きな意味合いを持つ言葉だったんです。
しかも、

 

  • スマホ
  • ビジネス
  • 医療
  • クラス

 

等など、ありとあらゆる分野で活用され、目にする機会も増えてきています。
今後さらに活躍が期待できるアドバンスについて、詳しく見ていきます。

 

意味と由来から紹介!

まずは、アドバンスの意味についてです。
こちらは

 

 

などの意味が含まれている単語です。

物事を前進させる進化させるなどの意味合いで用いられるということもあり、かなり前向きな意味だと言えますね!

 

語源はラテン語の【~の前に】という意味を持つ言葉です。
その後形を変えていき、今では「先行する」という意味で用いられるようになっていったのです。

またもう一つ、【前払金】としての意味も持っています。
こちらも【先に】払うお金という点では、先行するという意味合いの一種と言えますね。

ちょっと厄介なのが、日本においてはこの両方の意味で用いられているという点です。

日本で使われる場合、その9割は【進歩・進化】の意味で捉えておけば大丈夫ですので、基本的には心配はいりません。

ただし、時として全く違う意味=前払金で出てくるので、くれぐれも混乱しないようご注意を(^_^;)

スポンサーリンク

アドバンスの使い方

さて、それではここからはアドバンスの使い方について見ていきたいと思います。
と言っても、上で述べたような意味さえわかれば全く難しいものではありません。

ですから、肩の力を抜いて気軽に学んでもらえれば幸いです(^^)
それでは例文を交えつつ紹介していきます。

 

 

最近会社で目にすることの増えてきたこの部門。
意味は【最先端科学技術部門】です。

アドバンスの進化という文字から、こうした意味合いに変化していきました。

 

 

この場合は

 

  • ビギナーコース=初心者コース
  • アドバンスコース=上級者コース

 

という意味です。
進歩した、つまり上級者の人たちと捉えています。

・・・最初から初級者コース・上級者コースでも良いんじゃないかと思うのは私だけでしょうか?(笑)

 

 

こちらは、前払金としてのアドバンスですね。

時折契約書などでこのような記述がありますが、要するに前払いでお金を払えということですので、難しく考えなくても大丈夫です(^_^;)

 

様々な言葉とアドバンスの融合を見てみよう

 

先程はアドバンスの意味を見ていきましたが、この言葉は多くの分野で用いられている言葉でもあります。

実際どのように使われているのかを見ることで、【アドバンス】という言葉の使い方も知ってもらうことができるかと思います。

身近なものにも多く活用されているので、ぜひぜひあなた自信の生活と照らし合わせながら眺めてもらえればなと思います(^^)

 

ビジネスにおけるアドバンスとは

ビジネス界隈においては、このアドバンスという言葉が頻出するようになりました。
というのも、常に進歩しているビジネス界です。

アドバンス=進歩を目指していることもあり、この言葉を使うことで意識的に成長を目指している場合も少なくありません。

また、先程のアドバンステクノロジーのように、最先端の技術に対して使うことも多くなっています。
成長企業などで働いている方、または就職を考えている方はこのアドバンスは必須知識と言えますね(^^)

世界が、社会がどんどん進化していきます。
私達もおいていかれないように、アドバンスしていきたいですね!!

 

医療と合わさると…

医療の世界でも、今アドバンスの視点は注目されています。
その名は

 

アドバンス・ケア・プランニング

 

です。
その定義は、

【将来の意思決定能力の低下に備えて、患者やご家族とケア全体の目標や具体的な治療・療養について話し合う過程】

とされています。

分かりやすく説明すると、万が一のときのための話し合いとなります(^^)
話し合いの内容には、もしもの時には

 

  • 自分がどんな治療を受けたいか
  • 治療を受けたくないか
  • 自分が大切にしている価値観を、大切な人と話し合っておく

 

といったものが含まれます。

終末期、つまり人生の最終段階とも言える時間に関する話し合いは、日本人は特に避ける傾向にあります。
もっと時間を取って話し合いをしていくべきなのです。

このアドバンス・ケア・プランニングは、自分の最後の時間をどのように過ごすか考え、大切な人たちと共有していくためにとても大事なものなのです。

あなたも、周りの人たちと自分の終末期について意見を交わしてみてください。
ちょっとエネルギーを必要とする行為ではありますが、その分本当に大切で、大事な時間になりますよ。

スポンサーリンク

アドバンスクラスとベーシッククラス

例えば、塾などにおいて存在しているのが【アドバンスクラス】です。
先ほど紹介したアドバンスコースと同じ考え方ですね。

 

ビギナークラスは初心者向け

アドバンスクラスは上級者向け

 

と言った具合に、勉強やカリキュラムの進行度によってクラス分けすることで、より効率的な教育を行うための手法というわけです。

ちなみに、3種類に分けるために

 

  • ビギナー
  • ベーシック
  • アドバンス

 

に分ける場合も多いです。
これは、上から準に

 

  1. 初心者
  2. 中級者
  3. 上級者

 

という意味となります。

 

特に、アドバンスベーシックはセットで使われることが多い単語なので、この機会に意味をしっかり把握してもらえれば幸いです。

最近では、学校などでもこのように名付けてクラス分けを行うことがあるようですね。

 

初心者コース

上級者コース

 

では、明らかに勉強ができる・出来ないで区別しているように見えるので、それを防ぐために英語に書き直したのかもしれませんね。

とはいえ、これだと意味はわからない方も多いと思うので、やはり誰でもわかる書き方のほうが良いと思えてしまいます・・・(^_^;)

 

アドバンス!どんどん進化しよう!

今回は、アドバンスの意味について見ていきました。

基本的には進歩・進化といった意味を持つこの単語、最近では生活する中で目にする機会も増えてきています。

塾などのチラシに目を向けると、

【アドバンスコース】

という文字をよく目にしますし、アドバンステクノロジー部門は、技術系に就職希望している人なら嫌でも目にする言葉であります。

聞き慣れないこの言葉も、いつの間にか日本語の中に当たり前に入ってきているのです。
あなたの周りにも、少し視野を広くしてみてみれば、必ずこの文字が目に入るはずですよ(^^)

 

まだ少し意味がわからない方も多いこの言葉ですが、前向きな意味合いの強いアドバンスが広まっていくのは嬉しいですね(^^)

世界は、どんどん進歩していきます。
私達も日々の生活からいろいろなことを学び、どんどんアドバンス=進化していきましょう!!

言葉の意味関連記事

➡ しがらみの意味や使い方!過去や恋愛、人間関係等に生じる問題とは

➡ フォロバの意味や使い方!インスタやtwitterでお礼は言うべき?

➡ アデューの意味と使い方!英語orフランス語?アディオスとの違いも紹介

➡ ネット用語ブーメランの意味や使い方を紹介!乙や返し、特大もあるの?

➡ アンチの意味や語源、その心理を紹介!何語なの?ネット上で使用方法も

➡ エゴサの意味は間違いだらけ!?エゴサーチとは?使い方と誤用を紹介!

➡ ふぁぼの意味・やり方!いいねと違うの?ツイッターでのふぁぼ爆撃とは

スポンサーリンク