2017年インフルエンザ

冬になると大流行する恐ろしい病気、インフルエンザ。
その傾向は毎年異なっていて、

  • A型インフルエンザが流行る
  • B型が流行
  • 早い時期から感染が始まる

と言った風に、年ごとインフルエンザの方が傾向が異なっていて対策がうまく練れないのもこの病気の恐ろしいところです。
早ければ11月から感染が始まってしまうインフルエンザウイルス。

既に、日本でも感染が見られたという情報が入ったので報告していきます。
2016-2017年度のインフルエンザの流行状況について、また今年の冬の寒さに関しても見ていきます?

スポンサーリンク

2017年のインフルエンザ流行情報

それでは、2016-2017年のインフルエンザの流行状況について説明していきます。
始めに書いたように、インフルエンザの流行や流行る型は一年おきに異なります。

去年と同じ対策したからもう安心

と、言えないのがインフルエンザの本当に恐ろしいところでもあるのです。

この記事で2016-2017年、つまり今年一年間のインフルエンザはどういったタイプで、予防には何をしたらいいのかしっかりと把握してもらえればなと思います。

今年のインフルエンザ流行は始まっている!

まず、2016-2017年度のインフルエンザですが去年と同様に11月頃から流行り始めるそうです。
冬がインフルエンザのシーズンと思われがちですが、まだまだ警戒の薄い秋半ばころには既にインフルエンザの感染は始まっているのです。

また、2016年9月時点ですでにインフルエンザが猛威を振るい始めているとの情報も入っています。
厚生労働省による保育所・幼稚園・小学校・中学校・高校を対象にした調査が行われているのですが、それによると埼玉県にて既にインフルエンザウイルス感染者が43名にも上っているそうです。

茨城県では、なんと9月8日時点で既にインフルエンザ発症、休校と言う流れになってしまった所もあります。
東京都にて行われた調査では、香港A型と呼ばれるインフルエンザウイルスが検知されたとの情報もありました。

既に、各所で今年もインフルエンザが猛威を振るい始めているというわけです・・・
その他のデータとして、NIID 国立感染研究所の調査結果では、すでにインフルエンザA型・B型ともに発生しているということが分かりました。

B型はまだ一例だけですが、それでもすでに発生したことには違いありません。
まだ一例、されど一例です。

今年の冬は、もしかしたらA型・B型、両方のインフルエンザが感染を広げていく恐ろしい未来が待っているのかもしれません・・・

2017年冬の傾向

2016-2017年にかけての冬の寒さですが、どうやら今年はかなりの厳しい寒さが襲ってくるようです・・・
しかも、ただ寒く厳しいだけではありません。

平均気温自体は実はそれほど低くないと予測されている今年の冬ですが、問題なのは寒暖差です。
寒暖差、つまり暖かい時と冷たい時との温度差の事ですが、こちらがなんと通常よりも遥かに大きいというのです。

寒暖差が大きいと何が問題か。
それは・・・

体調を崩しやすい

ということです。
人間の体はある程度の気温の変化には自然に対応できるようにはできています。

しかし、それはあくまで健康な状態の時のみ。

  • 睡眠不足
  • 汗をかいたまま着替えない
  • 風邪気味
  • 疲れがたまっている

このような時、もし寒暖差に襲われたら私たちは簡単に体調を大きく崩してしまうことでしょう。
そして、冬時期に体調を壊すということは、インフルエンザウイルスへの抵抗力を落とすということと同義なのです。

話が遠回りになってしまいましたが、要するに

寒暖差がある冬=インフルエンザになりやすい冬

と言うわけです。
2017年の冬、インフルエンザウイルスにとっては嬉しい、そして私たちにとっては辛い季節がやってくるのかもしれません・・・

スポンサーリンク

一番のインフルエンザ対策

インフルエンザの予防

いかがだったでしょうか?
今回は、今年のインフルエンザの流行はどうなのか?と題して、2016-2017年度のインフルエンザの流行とそれに関する情報についてお伝えしていきました。

今回お伝えした情報を簡単にまとめますと

  • 10月現在、すでに関東を中心にインフルエンザの流行は始まっている
  • A型、B型ともにウイルスが発見されている
  • 寒暖差が激しい冬になりそう
  • インフルエンザが猛威を振るうかも

を説明させてもらいました。
そう、もう既にインフルエンザの流行は始まっていたのです!

今はまだ少数ではありますが、ご存知のようにインフルエンザの最も恐ろしいところはその爆発的なまでの感染力です。
少しの油断であっという間に日本中にインフルエンザウイルスは飛び散り、パンデミック(=集団感染)を引き起こしてしまうことになるでしょう。

今年も私たちの冬を脅かすインフルエンザ、健康に冬を乗り切るために私たちが今日からできる対策はあるのでしょうか?
・・・勿論、あります♪

それは、

  • 手洗い
  • うがい
  • マスク
  • 部屋の換気

の4つをしっかりと行うことです。

そんな当たり前なこと!!

と思うかも知れませんが、当たり前なことにこそ最も大事な要素が詰まっているものです。

手洗いとうがいをしっかり行えば、それだけでウイルスの被害拡大はかなり軽減できますし、インフルエンザ以外にも風邪の予防などにももってこいです。

マスクも同様で、

  • 相手への感染を防ぐ
  • 自分の感染を予防する

と、自分にも他人にも優しい行為がマスク一つで可能になります。
早めにつけておくに越したことはないでしょう。

後は、お部屋の換気です。
冬時期は早い人ですでに暖房をつけ始めているでしょう。

暖房をつけるのはいいのですが、お部屋の湿度は大丈夫ですか?
暖房は部屋の空気を乾燥させ、風邪をひきやすくしてしまうデメリットがあります。

しっかりと窓を開け、空気の入れ替えを行いましょう。
出かけるときなどは窓を開けていくことを意識して、それ以外でも数時間に一回は窓を開け常に室内には新鮮な空気を取り入れるようにしましょう。

たかが換気、されど換気です。
換気による空気の入れ替えを徹底しておくだけで、インフルエンザになる確率は恐ろしいほど違ってきます。

自分に出来る予防法をしっかり行い、今年の冬を、2017年の冬を健康を乗り切りましょう!!

関連記事

➡ 2016年もインフルエンザが大流行!?症状・対策を一挙公開

➡ 胃腸風邪は熱が出る?ノロウイルスと間違えないで・・・

➡ 風邪をひいて声が出ない!?そんな時はこれで治せ!

➡ え、もう一年!?年を取ると一年がはやくなる理由が判明!!

➡ 冬の暖房の温度は何度がベストなの??

➡ 食べ物での風邪の治し方を徹底追及!

➡ 咳が止まらない夜の対処法はこれだ!

スポンサーリンク